★当サイトは【SWELL】を使用しています....(▽◕ ᴥ ◕▽)    ★★ 【Canva】のテンプレートで年賀状を作る方法を紹介しています(^-^)/

【銀行を有効活用しよう】手数料を無料にするのために私が実行した4つのミッションとは

銀行の手数料ってもったいないなあ、と思っている方はいませんか?

定年退職後2年目のリタイアかわうそです。退職前はあまり気にとめていなかった銀行の手数料(振込手数料、ATM手数料)がずっしり重く感じるようになりました。そこで、手数料ゼロを目指すべく4つのミッションを実行し無事達成することができました。

今回は、実際の経験をお伝えしています。
手数料がもったいないなあ、と考えている方はぜひ参考にしていただきたい思います。

目次

「手数料」をゼロにするために行った4つのミッション

1 ネット銀行の口座を開け
2 ネット銀行と連携しているネット証券会社の口座を開け
3 ネット銀行とネット証券の連携手続きをせよ
4 自分のメイン銀行のネットバンキングを使えるようにせよ

この図はミッション達成後のおおまかなイメージです

【ミッション1】 ネット銀行の口座を開く

私は今まで、「銀行って、何だかハードルが高そうだなあ・・・」って思っていました。でもいろいろと調べてみると、メガバンクに比べて「振込手数料」「ATM手数料」無料のサービスが充実している、ということがわかりました。

下の図は楽天銀行の例です。預金残高により条件は変わりますが、最低でも月1回、ATM利用手数料無料、他行振込手数料無料のサービスが受けれるんです。(2021年4月現在)

楽天銀行HPより引用↓

ATM利用手数料(無料回数)、他行振込手数料、楽天ポイント獲得倍率は スーパーVIP(残高300万以上または取引30件以上)で7回/月、3回/月、3倍 VIP(残高100万以上または取引20件以上)で5回/月、3回/月、3倍 プレミアム(残高50万以上または取引10件以上)で2回/月、2回/月、2倍 アドバンスト(残高10万以上または取引5件以上)で1回/月、1回/月、1倍 ベーシック(エントリー)でなし、なし、1倍 全て振込手数料の楽天ポイント払い支払可能

楽天会員だったら、ポイントの付与されるなどの特典もあります、ということで、楽天ユーザーの私は、さっそく楽天銀行の申し込みをしてみました。(キャンペーンにエントリーしておくと更にお得です。

私はうっかりしてしまいましたけど)オンラインでの申し込みは、わかりやすいガイドのおかげでスムーズにすすみました。(お役所の手続きに比べてシニアにもわかりやすく親切な気がします)身分証明書の申請はもマイナンバーカードを撮影してのオンライン申請か、郵送を選べます。選択肢があるというのも親切ですよね。

YouTubeで検索すると、実際の手続きの流れを教えてくれる先生がたくさんいますので、事前学習をしておくと迷うことなく手続きができると思います。私もそのおかげでオンラインで身分証明書の手続きができました。

楽天銀行のスマホの画面は、見やすく操作もしやすいです。さすがネット専用の銀行だけあるなあと感心しました。申し込んでから1週間位でキャッシュカードが送られてきました。さっそくセブンイレブンで入金してみました。もちろん手数料はゼロでした。

【ミッション2】ネット銀行と連携している証券会社の口座を開く

今回、証券会社の口座を開く目的は、証券会社と連携銀行との間で、お金のやり取りを自由にできるようにするためです。(イメージ図をもう一度見てください)

「証券会社の口座を開くって、株もやらないし投資もしないのに大丈夫なの?」とびっくりする方もいらっしゃるかもしれまん。私もそうでした。でも、株も投資もしなくても証券会社の口座を持つことができるんです。順番的には、先に楽天証券の申し込みをするといいと思います。楽天銀行の口座開設を誘導してきますので、その流れに乗ってしまえばスムーズでした。

証券会社に口座を持つと、メガバンクなどの自分の他行口座から、証券会社の口座へ手数料なしで入金させることができるようになります。おそらく証券会社がユーザーさんに「自分の証券会社にお金をたくさん入金してたくさん投資をしてね、手数料はこっちで持つからね」とセールスしているのではと思います。

証券会社に入金したお金は、そのまま使用しないと次の日には、自動的に連携銀行の口座に移動しまます。つまり、【手数料のかかるメイン銀行】から【手数料無料のネット銀行】に手数料なしでお金を移す仕組みができる、いうことなのです。

【ミッション3】ネット銀行とネット証券の連携手続を行う

これも、何だか難しそうに聞こえますが、そんなことはありませんでした。楽天銀行と証券の連携は、マネーブリッジを設定するという手続きになりますがボタンひとつでOKです。YouTubeで「楽天銀行」「マネーブリッジ」などと検索すれば、具体的に解説をしてくれる動画が見つかります。解説を見ながらその通り手続き画面を操作すれば、ワンクリックで連携作業は完了です。連携ができれば、楽天証券に入金されたお金が自動的に楽天銀行へ移るようになります。繰り返しますが、楽天証券で株を買ったりしなくても大丈夫ですのでご安心ください。

【ミッション4】自分のメイン銀行のネットバンキングを使えるようにする
最後の仕上げです。メイン銀行から楽天証券にお金を移動させるためには、メイン銀行のネットバンキングを使用できるようにしておくことが必要です。またまた何だか難しそう・・・と思われた方は、まず銀行に電話をして申し込み用紙を送ってください(もちろん、オンラインで申し込みもできます)。

実際にやってやってみたら以外と難しくなかった、というのが実感です。ひとつ注意が必要なことは、パスワードやアカウントを複数作る必要がありますので、その都度メモをしっかりとっておくことです。私は、エクセルでパスワード用のファイルを作っています。そして、まずエクセルにパスワードを入力、それをコピーして手続き画面に張り付けるという方法をとっています。パスワードを設定する画面は、入力した文字が非表示になる場合があります。実際に入力したつもりの文字と違う文字を入力してしまい、後からパスワードがわからなくなった、ということを避けるためです。

こうして無事ミッション達成を達成し、メイン銀行(メガバンク3つ)と楽天銀行の間で、手数料なしでお金の移動することができるようになりました。これで手数料を節約することができるようになりました。

ATM利用手数料(無料回数)、他行振込手数料、楽天ポイント獲得倍率は スーパーVIP(残高300万以上または取引30件以上)で7回/月、3回/月、3倍 VIP(残高100万以上または取引20件以上)で5回/月、3回/月、3倍 プレミアム(残高50万以上または取引10件以上)で2回/月、2回/月、2倍 アドバンスト(残高10万以上または取引5件以上)で1回/月、1回/月、1倍 ベーシック(エントリー)でなし、なし、1倍 全て振込手数料の楽天ポイント払い支払可能

手数料をゼロに私が行った4つのミッションついて説明しました。私は動画作成ができません。文章では、わかりづらかったと思います。
ぜひ、YouTubeで事前におさらいをして、YouTubeを見ながら4つのミッションを達成してしてみてください。
振込手数料ゼロ生活で楽しく節約しましょう。

追記
手数料の無料回数を増やしたいのであれば、住信SBIネット銀行とSBI証券もよいと思います。(私は、こちらにも口座を開設し、手数料無料の利用回数を増やしました)
楽天ユーザーでない方(楽天カードを持っていない方)は、SBIの方がメリットがあるのではないかと思います。

ポチっとしていただけると嬉しいです

リタイアかわうその主婦活ブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる