★当サイトは【SWELL】を使用しています....(▽◕ ᴥ ◕▽)    ★★ 【Canva】のテンプレートで年賀状を作る方法を紹介しています(^-^)/

【SWELLの吹きだし】便利な機能ベスト3|Cocoonと徹底比較!

Cocoon使用

かわうそさん、CocoonからSWELLに乗りかえたんですって。私もCocoonから乗りかえようか迷っているのよ。

かわうそ

私もブログを始めて4カ月はCocoonを使っていました。

かわうそ

Cocoonは無料テーマであるにもかかわらず「出来ないことがないのでは」というくらい素晴らしいテーマです。

かわうそ

ただ、SWELLに乗り換えてみて感じたのは「さすが有料テーマだけあって記事を書く時の利便性さがバツグンだなあ」とういうことでした。

Cocoon使用

「有料テーマにしたら吹き出しとか簡単に使えるようになりました!」っていう話を聞くけど、Cocoonでもポチポチするだけで簡単に「吹きだし」を作れるわよね?

かわうそ

もちろんです。Cocoonの吹きだし機能はたいへん充実しています。

かわうそ

今回はCocoonを4カ月愛用していた私が、「SWELLの吹きだしのココが便利!」と実感した機能ベスト3を解説します。

この記事はこんな方におすすめ
  • SWELLに興味がある方
  • CocoonからSWELLへの乗りかえを考えている方
目次

【SWELLの吹きだし】わたしが便利さを実感した機能ベスト3とは

リタイアかわうそです。ご訪問ありがとうございます。

「記事の書きやすさ」や「標準装備された豊富な装飾」などで、ブロガーに大人気のワードプレス有料テーマ「SWELL」

私は、Cocoon歴4カ月を経てSWELLに乗り換えました。

わたしが愛用していたCocoonは無料テーマとは思えないくらい機能が充実していています。

ただSWELLに乗りかえてみて「さすが有料テーマだなあ」と私が実感した機能ひとつが「吹きだし」でした。

さまざまな表情のカワウソの「吹きだし」をブログで多用している私にとって、SWELLの便利な「吹きだし」機能は想像以上にありがたいもだったのです。

今回は、私がSWELLの吹きだし機能の「ここが便利だなあ!」実感したベスト3を紹介します。

  • 【1位】「吹きだし設定」の変更が自由自在
  • 【2位】「登録した吹きだし」をラクラク呼びだし
  • 【3位】「吹きだしカラー」のカスタマイズが自由自在

SWELLの吹きだし便利機能【3位】 「吹きだしカラー」のカスタマイズが自由自在

吹きだしのカラーを設定する方法」の比較

CocoonSWELL
「31色のカラーパレット」から選択「カスタマイズした5色のカラーパレット」から選択

CocoonもSWELLも「吹きだしの色」「テキストの色」を選ぶことができます。

Cocoonの場合は、全31色のカラーパレットからカラー選択をします。

(クラシックエディーターではカラー選択ができません)

こちらが、Cocoonのディーター画面に表示される「カラーパレット」です 。

Cocoonカラーパレット

【 SWELLのここが便利】 カスタマイズしたお気に入り5色の「吹きだし 用カラーパレット」をつくることができる

【SWELLのここが便利】ポイントは、自由にカスタマイズした5色のカラーパレットの中から吹きだしのカラー選択ができることです。

Cocoonのカラーパレットは全31色です。

これだけあれば、自分の好きなカラーが見つかりそうですよね。

ただ SWELL は「もう少しだけピンクやブルーの色を濃くしたい」「よく使う色でカラーパレットを作りたい」という「こだわりさん」の希望をかなえることができるのです。

こちらが、SWELLのディーター画面に表示される「カラーパレット」です。

SWELLの吹き出しカラーパレットを説明するための画像
SWELLのカラーパレット

カラーパレットの5色は、全てわたしが好みの色にカスタマイズしたものです。

吹きだしに使う色は、せいぜい3色程度ですよね。

5色も表示されれば、じゅうぶんではないかと思います。

カラーパレットのカスタマイズは、「SWELL設定」⇒「エディーター設定」で行います。

SWELL吹き出しカラーの設定画面を説明するための画像
吹き出しカラー設定画面

SWELLの吹きだし便利機能【2位】「登録した吹きだし」をラクラク呼び出し

登録した吹きだしを呼び出す方法」の比較

CocoonSWELL
登録した「吹きだし」のタイトルをプルダウンのリストから選択登録した「吹きだし」の実際の画像をみて選択

CocoonもSWELLもカスタマイズした「吹きだし」を登録する機能があります。

いずれも登録した「吹きだし」に、例えば『困った顔の女性(右)』のようにタイトルを付けます。

Cocoonの場合は、「登録した吹きだし」の呼び出しは、プルダウンリストからタイトルを選んで行います。

(ブロックエディーターもクラシックエディーターも同じです)

Cocoonの吹き出し選択画面です。

プルダウンリストに、事前に登録した「吹きだし」のタイトルが表示されます。

Cocoon吹き出し選択画面

【SWELLのここが便利】「吹きだし」を実際の画像を見て選ぶことができる

【SWELLのここが便利】ポイントは「登録した吹きだし」を実際の吹き出し画像を見ながら選ぶことができることです。

SWELLは、エディーターで「吹きだしボタン」を押すと、画面左側「吹き出しセット」に登録した吹きだし画像が表示されます。

この「吹きだしセット」の画像をクリックするだけで、表示させたい吹きだしを呼び出すことができるのです。

SWELLの吹き出しセットの画像
SWELL吹き出し選択画面

わたしは、Cocoonを使っているときも「吹きだし」を何種類も登録してました。

たとえばこんな感じ・・・「困った人1」「困った人2」「かわうそ1」「かわうそ2」「かわうそ3」etc

タイトルが増えすぎで、「表示させたい吹きだし」をプルダウンリストから選ぶときに「どのタイトルだったかな?」と迷ってしまうことがよくありました。

かわうそ

SWELLになってから、吹きだし画像を見ながら選べるのようになったので「便利になったなあ」と実感しています

SWELLの吹きだし便利機能【1位】「吹きだし設定」の変更が自由自在

「テキスト入力後の吹きだし設定変更方法」の比較

CocoonSWELL
「変更したい吹きだし」を別に表示させてからテキストをコピペする「吹き出しリスト」から変更したい吹きだしをクリック

「吹きだし」にテキストを入力した後に、違う「吹きだし」に変更したいことがありますよね。

Cocoonの場合は、「変更したい吹きだし」を別に表示させる必要があります。

そのあとに、「元の吹きだし」のテキストをコピー&ペーストします。

【 SWELLのここが便利】 テキスト入力後もワンクリックで「吹き出し設定」を変更できる

【SWELLのここが便利】ポイントは、吹きだし内のテキスト入力後も自由自在に設定変更ができることです。

しかも、ワンクリックでOKなんです!

吹きだし愛好家?である私がイチ押しの機能です。

何と!

こちらのカワウソ吹きだしも

ワンクリックで入れ替わりました!!

まさに変幻自在ですよね!

私は「吹きだし」にテキストを入れてから、吹きだしセットのカワウソを何度もクリックして、いちばんピッタリくるアイコン画像を選んでいます(^^♪

まとめ

今回は、SWELLの吹きだし機能の「ここが便利!」と実感したベスト3を紹介させていただきました。

  • 【1位】 テキスト入力後も「吹き出し設定」の変更が自由自在
  • 【2位】「登録した吹き出し」を実際の画像を見ながら選ぶことができる
  • 【3位】「吹き出しカラー」のカスタマイズが自由自在

表現の幅をひろげてくれる「吹きだし」は、ブログにとってなくてはならないものです。

さまざまな表情のアイコンは、文章だけでは伝わりにくいニュアンスも表現してくれます。

私にとって「かわうそアイコンの吹きだし」と「SWELLの吹きだし機能」はなくてはならない相棒のような存在です。

今後もSWELLの便利な吹きだし機能の力を借りながら、読んでくださった方の心に届く記事を作っていきたいと思います。

かわうそ

最後までお読みいただき、ありがとうございました


こちらの記事では、<自称>ふきだし愛好家の私が、オリジナルアイコンの魅力について熱く語っています。

ポチっとしていただけると嬉しいです

リタイアかわうその主婦活ブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる