★当サイトは【SWELL】を使用しています....(▽◕ ᴥ ◕▽)    ★★ 【Canva】のテンプレートで年賀状を作る方法を紹介しています(^-^)/

【60代シニア向け】Amazonアレクサが実家の親とのビデオ通話におススメな理由2つ

60代

父はもう90代だし、オンラインビデオ通話って少しハードルが高すぎるんじゃないの?

60代

スマホもやったことないお父さんに、ビデオ通話の設定をしてもらうなんてどう考えてもムリだわ・・・

かわうそ

確かに80歳を過ぎた親とのビデオ通話はハードルが高いですよね

かわうそ

まかせてください。そんなお困りさんの悩みに、「Amazonアレクサ」で90歳の親とのオンラインビデオ通話に成功した私がお答えします

この記事はこんな方におすすめ
  • 高齢の親とオンライン通話をしたいけど、何だかむずかしそうだと感じている方
  • 高齢の親にわずらわしい思いをさせたくないと思っている方

目次

実家の親とのオンラインビデオ通話に「Amazonアレクサ」がおススメの理由

リタイアかわうそです。

はじめに結論をお伝えします。

かわうそ

実家の高齢の親とのオンラインビデオ通話には「Amazonアレクサ」がおススメです。

おススメの理由3つとは・・・

  1. ビデオ通話の操作が簡単
  2. 初期設定で親をわずらわせることがない

スマホ知らずの90才台の親とも「オンラインビデオ通話」ができました

コロナ禍が続き、オンライン帰省を検討されているも多くいらっしゃると思います。

しかし、実家の親御さんにビデオ通話の設定をしてもらうのはハードルが高いのでは、と躊躇されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

特に、私たちと同じ60代シニア層の親は、ほとんどが80代~90代の後期高齢者です。

そんな高齢の親御さんを持つ方の中には「スマホも持っていない親にビデオ通話のための設定作業をしてもらうなんてハードルが高いよ。」とあきらめている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

私もその一人でした。

私の両親は、90代と80代でコロナ感染で重症化するリスクが高いです。(もちろん私もです)

長らく帰省は控えています。

両親も「帰ってくるな。」と言います。

そこで私は2020年の11月頃、実家の両親にオンライン帰省を提案してみました。

しかし、90オーバーの父に「テレビ電話なんて面倒なことはいやだよ。」と拒否されてしまいました。

それでも、どうしても諦めきれない私は、いろいろ調べた結果【Amazonアレクサ】が最適だと考えました。

そして両親には「コンセントにさして電源ボタンを押すだけで何もしなくても大丈夫だから。」と説得をしました。

12月中に準備を粛々と実行した結果、無事お正月のオンライン帰省をすることができたのです。

この記事では、【Amazonアレクサ】が高齢の親とのオンラインビデオ通話におススメである理由について、実際の体験を踏まえてお伝えします。

オンラインビデオ通話に使うアレクサは「 Echo Showシリーズ

「Echo Show 5」の実際の写真
我が家のアレクサ「 AmazonのEcho Show5

アレクサは話しかけるといろいろ操作してくれるスピーカー

アレクサとは、「アレクサ○○して」と話しかけるだけで、いろいろな操作をしてくれるAmazonのスマートスピーカーです。

「Amazon、静かな音楽をかけて!」「Amazon、今日の天気をおしえて!」「Amazon、買い物リストにパン粉を追加して!」など声をかけると「わかりました。」と応じてくれます。

アレクサに対応したスマートスピーカーは、様々な種類が用意されています。

モニター付きとモニター無しのものがあります。

ビデオ通話に使うモニター付き「AmazonのEcho Showシリーズ」

今回、オンライン帰省で使うのはモニター付きの「AmazonのEcho Showシリーズ」です。

現在Amazonから3機種が発売されています。

Echo Show 5 Echo Show 8 の機能はほとんど変わりありません。

Echo Show 10 は人の動きを追って画面が回転する機能が新たに追加されています


Echo Show 5 
ディスプレイサイズ:5.5インチ

Echo Show 8
ディスプレイサイズ:8インチ

Echo Show 10 
ディスプレイサイズ:10インチ

かわうそ

かわうそ家はEcho Show 5、実家はEcho Show8を使っていますよ!機能が殆ど同じだから、親が操作に困ったとき対応しやすいのが便利です。

かわうそ

Echo Show 5は大きすぎず、でも小さすぎずって感じです。
Echo Show8は親があつかいやすい適度な大きさという印象ですね。

かわうそ

どっちもAmazonの安売りセールのときに半額くらいで買いました!

こちらは 我が家のEcho Show 5 の写真です。

「Echo Show 5」の実際の写真

側面はこんな感じ。

「Echo Show 5」の側面の写真

【おすすめポイント❶】親の状況に合わせて選べる「ふたつのビデオ通話機能

自宅のアレクサのを撮影した写真
我が家のアレクサです

アレクサ (Echo Show )には、親の状況に合わせて選べる2つの通話機能があります

呼びかけ機能

親が応答操作しなくても通話を開始できる機能です。簡単な操作を覚えるのもむずかしい、という親ごさんにおススメ

コール機能

親が簡単な応答操作をする必要があります。

1) 呼びかけ機能(親が応答操作をする必要なし

★通話を受けた側が応答操作をしなくても強制的に回線がつなり、ビデオ通話ができる

【メリット】 高齢の親が応答操作を覚えなくても通話が可能

【デメリット】親といえどもプライバシーへの配慮が必要

2)コール機能(親が応答操作をする必要がある

★通話を受けた側が応答操作をすると回線がつながり、ビデオ通話ができる

【メリット】 親のプライバシーを守ることができる

【デメリット】高齢の親が慣れない応答操作でストレスを感じる可能性がある

かわうそ

応答操作は、【タッチパネルのボタンを押す】【「アレクサ電話をとって」と話しかける】の2通りあります。

かわうそ

応答操作をするのが難しそうだったら、「呼びかけ機能」にきりかえることもできるますよ。親御さんとよく相談してくださいね。

「オンラインビデオ通話」の初期設定で私が準備したこと

自宅のAmazoアレクサを撮った写真
スライドショーの風景に心がなごみます

必要なモノを用意する

  1. Echo Show 5・・・かわうそ家用(もともと私が使用していたもの)

  2. Echo Show8・・・実家用(新たにAmazonで購入)

  3. ポケットWi-Fi・・新規契約(月3G)

  4. 段ボール・・・実家への配送用

オンライン通話をするための初期設定をする

  1. 【実家用】Echo Show8を購入し、私のAmazonアカウントで認証設定
    (親にAmazon会員になってもらう必要はありません。子機をつくるような感じです)

  2.  アレクサに話しかける時の最初の呼び名を自宅用と実家用で変えた

  3. 【実家用】→『アマゾン』【自宅用】Echo Show5→『アレクサ』
    『アレクサ』を知らない両親は『アマゾン』の方が覚えやすいと考えたから

  4. 【実家用】Echo Show8とポケットWi-Fiのネット接続設定

  5. 【実家用】Echo Show8と【自宅用】Echo Show5をつないで、入念にテストを行った

  6. 【実家用】Echo Show8の電源ボタンがわかるように目印のテープを貼った
    (この目印は、けっこう役に立ちました)

【おススメポイント❷】初期設定で親にお願いしたことは「置き場所」と「コンセント」の確保だけ

高齢の親とのオンラインビデオ通話にアレクサがおススメな理由は、親に準備してもらうことが圧倒的に少ないからです。

オンライン通話のために親に準備してもらったことは、これだけです。

  1. Echo Show8の置き場所を確保してもらった

  2. Echo Show8用 と ポケットWi-Fi用 のコンセントの準備してもらった
    (ポケットWi-Fiが紛失したら大変なのでコンセントに常時つないでもらうようにした)

  3. Echo Show8はコンセントから抜かないよう繰り返しお願いした
    (アレクサにはバッテリーが搭載されていないため)
かわうそ

ご覧の通り、親にアレクサの初期設定をしてもらうことは特にはありませんでした!

それでも、多少は親に準備してもらうことはあります。

「コンセントの準備をする」なんて、私たちにとって何でもないことでも、高齢の親にとっては一大事だったようです。

かわうそ

たったこれだけでも、私の親はあたふたしていました。余裕をもって親御さんに願いしておくことをおすすめします。

かわうそ

親には「コンセントにさして、電源ボタンを入れるだけで大丈夫だよ」と繰り返し伝えて、安心してしてもらうようにしました。

そしてとうとう・・・

かわうそ

かわうそ家と実家のアレクサが、オンラインでつながりました!!

「オンライン通話」を半年以上続けています

アレクサで父とビデオ通話をしているイメージ写真
これから父とビデオ通話をします

はじめて、実家の親とビデオ通話をしたときは、ちゃんとつながるかドキドキでした。

親のプライバシーにも配慮して「呼びかけ機能」を使うことにしました。

最初は、父が「アマゾン電話をとって。」と呼びかけて応答をするのがうまくいかずに少し手こずりました。

でも父もすぐに慣れて、オンラインビデオ通話をスムーズに行うことができるようになりました。

実際にビデオ通話をしてみると、電話の声だけではわからない親の表情も手に取るようでした。

オンライン帰省というものに少し懐疑的な私でしたが、元気そうな両親の顔が見れて幸せな気持ちになりました。

実家にアレクサが届いてから、半年以上たちましたが、今でも親とオンラインビデオ通話を続けています。

この間、父が「テレビ電話もいいな。」と嬉しそうに話してくれました(^-^)/

もっと早く、アレクサでビデオ通話できるようにしておけばよかったなあ、と実感しています。

まとめ

【Amazonアレクサ】が高齢の親とのオンラインビデオ通話におススメな理由をまとめました。

  1. 親の状況に応じて「呼びかけ機能」か「コール機能」を選ぶことができる

  2. 高齢な親が、ほとんど負担を感じることなくビデオ通話を始めることができる
    (初期設定をしてもらったり、Amazon会員になってもらう必要なし)

遠く離れた高齢の親を見守る「Amazonアレクサ」

おススメです!!

おすすめ

実家用におすすめ↓

10インチの大型モニター&カメラが顔の動きに合わせてくれる

早くコロナが落ち着いて、だれもが安心して帰省できる日がくることを願ってやみません。

かわうそ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチっとしていただけると嬉しいです

リタイアかわうその主婦活ブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる